監督 志水麗権のブログ

毎回の練習・試合はブログで → http://shimizukazunori.com/ 

【練習から本気で!】

2019.9.29~

 

 「小中学生の育成」が日本サッカー未来の財産

FCMAT 監督

志水 麗権

 

 久しぶりの会報となりました。最近の3~4年は、Facebook、Twitter、インスタグラムの更新に注力、自分の2人息子の面倒を見るのも忙しい時期で。。すっかり更新できずにいました。改めてしっかり文章も書かなければならないと、初心に立ち返り、書きたいと思います。時間の合間を縫って書きますので、少しずつの更新になると思われますが、よろしくお願いいたします。(笑)

 

 

 FCMATは、2012年9月に弟の志水遵権と立ち上げ、今日で8年目に突入。23歳のときに立ち上げたことを考えると、野心があっていいなと思うし、客観視すると生意気だなと、自分ながらに思う。

 

 当時からFCMATのテーマは、「世界に通用する選手を目指せ」だ。小学校4年生のときから、日本サッカーの風潮に疑問を持っていた。〇〇大会優勝を目指して、犠牲にするものがあまりにも多いし大きいのを肌身で薄々感じていたからだろう。

 その感覚に追い風となったのが、1998年フランスワールドカップで、20歳で司令塔を担った「中田英寿」がイタリアセリエAのペルージャに移籍したことで、海外サッカーに触れるようになったこと。父がWOWOWを契約してくれ、毎週日曜21:30頃から海外サッカーを見ることが習慣となり、色んな選手に興味を持った。そしてサッカー選手の本をたくさん手に取るようになったのだが、海外選手の本を読んで特に違いを感じたことは、「週末は、試合でプレーし、家族で食事を楽しみ、試合観戦に行く」というところ。日本は、どうだろう?練習試合、練習時間長すぎ?中学生は遠征多すぎ?小学生は大会多すぎ?時間に余裕が無い。まあ、MATも合わせながら、やってはいるのだが。。。それでもここ数年日本の中で、これらに対して疑問視が増えたこと、サッカーに限らず教育の現場として、質と量、多様性について考えることが増えてきたことは前向きだ。

 

 そしてサッカーはグローバルスポーツの代表格。どうせなら世界を目指そうではないか。それは、〇〇大会優勝を目指すモチベーションと同時に、先を見据えた考え方を、「世界に通用する選手を目指した指導」を根幹に置くことだ。少年サッカーで日本一を目指すために、毎月のように遠征ばかりでは良くない。エネルギーが身体の成長にまで行き届かず、身長が伸びない。試合経験は過度になると試合慣れしただけになる。しかもその年代の試合慣れだ。カテゴリーが上がれば同じサッカーでも、内容は全然違う。少年のときにできていたことが大人になって同じようにできるかと言えばそうではないし、逆に身体が大きくなっていくことでできることが増えることもある。

 

 「改めて小中学生での育成とは?」

 サッカーに対する考えかたを教えよう。世界とつながっていること。大きな夢が持てること。

 身体が資本。まずは健康な身体づくり。そして適度な休養と成長への余地を。

 多様性。サッカー以外の経験が巡り巡ってサッカーにくる。数年先に。

 技術と頭を地道に鍛えよ。「個」の練習量では負けちゃだめ。 

 勉強大事。プレーヤーが終わった後も、選択肢はたくさんあったほうが良い。

~2019.10.3

2014.12.17
会報 第5号.pdf
PDFファイル 241.5 KB

 ク ラ ブ の 展 望    

 

志水麗権

 

 ご 周 知 の と お り 、 今 年 度 よ り U‐12 の チ ー ム 活 動 を す す めて 参 り ま し た 。 メ ン バ ー は 、 急 な 環 境 の 変 化 に も 少 し ず つ 順 応し 、 現 在 、 サ ッ カ ー の 魅 力 を 実 感 し て い る 最 中 で す !こ の 一 年 、 監 督 と し て 指 揮 を 執 ら せ て も ら い 、 率 直 に 存 じ るこ と は 、 「 欲 を 言 え ば 、 こ の 活 動 、 あ る い は 彼 ら と の 出 会 い がも っ と 早 け れ ば ・ ・ ・ 」 と い う 思 い で す 。 

 例 え ば 、 サ ッ カ ー の 能 力 向 上 は も ち ろ ん の こ と 、 〈 指 導 者 ・選 手 ・ 保 護 者 〉 三 者 間 の 信 頼 関 係 に よ る 子 ど も た ち の 健 全 育成 、 他 チ ー ム と の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン な ど 、 サ ッ カ ー 人 生 は もっ と 充 実 し た モ ノ に で き る こ と を 僕 は 知 っ て い ま す 。 良 く も悪 く も 、 〈 小 さ な 積 み 重 ね の 大 切 さ 〉 を 改 め て 痛 感 い た し ま した 。 ま た 、 こ の 一 年 は 、 六 年 間 の 少 年 サ ッ カ ー の 縮 図 の よ う に感 じ て い ま す 。

 

 さ て 、 来 年 度 よ り 、 ジ ュ ニ ア ユ ー ス ( 中 学 生 ) の チ ー ム 活 動が ス タ ー ト し ま す 。 中 学 三 年 間 と い う の は あ っ と い う 間 で す 。大 人 へ の 第 一 歩 と な り 、 そ の 中 学 校 生 活 に 慣 れ る の に 半 年 。 受験 で 一 年 。 サ ッ カ ー に 没 入 で き る の は 、 僅 か 一 年 半 程 度 だ と 考え て い ま す 。で す か ら 、 じ っ く り 技 術 を 磨 き 上 げ る 時 間 が あ る の は 、 ジ ュニ ア ( 小 学 生 ) 年 代 に 他 あ り ま せ ん 。 身 体 の 成 長 な ど を 加 味 すれ ば 、 こ の 世 代 の 時 間 は 非 常 に 貴 重 な も の で す 。 是 非 、 選 手 のみ ん な に は 、 今 一 度 、 時 間 の 大 切 さ を 考 え て も ら い 、 自 分 の 思い が 実 る よ う な 、 サ ッ カ ー 人 生 を 送 っ て ほ し い と 願 い ま す 。 

 

「 個 人 技 は な か ま の た め に 」 「 戦 術 は 個 人 技 の た め に 」 と いう 基 本 を 胸 に 、 今 後 も 頑 張 っ て い き ま す 。

2014.1.18
会報 第4号 .pdf
PDFファイル 181.6 KB

 先を見据えた「努力」

 

志水麗権

 

厳 し い 寒 さ が 続 い て お りま す が 、 皆 様 に お か れ ま して は 、 お 元 気 に お 過 ご し の事 と 存 じ ま す 。新 し い 年 を 迎 え 、 早 々 に波 崎 で の 初 遠 征 、 不 安 と 期待 の 中 、 無 事 に 実 り あ る 体験 と な っ た 事 に 安 堵 す る と共 に 、 こ れ を 機 に 本 年 は 、色 々 な こ と に 挑 戦 し て い きた い と 、 決 意 と 意 欲 に 燃 える 新 年 の 幕 開 け と な り ま した 。 ま だ ま だ 未 熟 な 私 で はご ざ い ま す が 、 子 供 た ち と共 に 努 力 、 精 進 し て い き たい と 思 っ て お り ま す の で 、本 年 も 変 わ ら ず お 力 添 え 頂け ま す よ う 、 宜 し く お 願 い申 し 上 げ ま す 。

 

 さ て 、 先 日 、 富 山 第 一 高 校の 優 勝 で 幕 を 閉 じ た 全 国 高校 サ ッ カ ー 選 手 権 で す が 、 試合 終 了 直 前 の 同 点 P K 、 延長 後 半 残 り 1 分 の 逆 転 劇 !国 立 競 技 場 最 蹴 章 に 相 応 しい 決 勝 戦 と な り ま し た 。 後半 4 8 分 ま で 優 勝 を 手 中 にし て い た 星 稜 高 校 は 、 本 田 圭佑 出 身 の 強 豪 校 。 学 校 で 寮 を完 備 し 、 毎 年 全 国 各 地 か ら 有望 選 手 が 集 ま る た め 、 下 級 生で も ス タ メ ン の 選 手 が い ます 。 冬 場 は 雪 が 積 も り 、 満 足に 練 習 を 行 え な い チ ー ム の門 を 叩 く の で す か ら 、 監 督 の情 熱 の 下 に 志 し を 持 っ た 選手 が 集 ま る こ と を 思 う と 他人 事 で は あ り ま せ ん 。

 一 方 、 富 山 第 一 高 校 は 、「 m a d ei n 富 山 」 と 言わ れ 、 そ れ ゆ え に 他 府 県 か ら選 手 を 集 め る の で は な く 地元 の 選 手 が ほ と ん ど で す 。 つ
ま り 、 3 年 間 努 力 を 惜 し ま ず精 進 し た 者 が 生 き 残 り 、 信 頼を 勝 ち 取 っ た 選 手 が グ ラ ウン ド に 立 っ て い る の で す 。 同じ 優 勝 に は 変 わ り あ り ま せん が 、 そ の 価 値 の 重 み を 感 じる と 共 に 、 相 通 じ る も の と 、勇 気 を も ら い ま し た 。「 大 人 の 本 気 が 子 供 を 本 気に さ せ る 」 と い う こ と を 改 めて 肝 に 銘 じ 、 私 自 身 も 日 々 の努 力 を 惜 し ま ず 、 向 上 心 と 情熱 を 絶 や さ ず に 頑 張 っ て いき た い と 思 い ま す 。

 

 話 は 変 わ り ま し て 、 あ る 二 人の 野 球 選 手 の 言 葉 が 印 象 に 残 って い る た め 、 こ こ で ご 紹 介 さ せて 頂 き ま す 。

 最 初 は 、 ダ ル ビ ッ シ ュ 投 手 。「 努 力 は 必 ず 報 わ れ る 。 と 、 よ く言 わ れ る け ど 僕 は そ れ を 疑 っ てい ま す 。 努 力 で も 間 違 っ た 努 力に は 嘘 を つ か れ る し 、 裏 切 ら れる 。 」

 次 に 、 イ チ ロ ー 選 手 。「 1 0 回 の 打 席 の う ち 3 回 打 て るの が 良 い バ ッ タ ー で す が 、 反 面 、 7回 も 失 敗 す る ん で す 。 僕 の 場 合 、 練習 が 苦 し か っ た り し な い と 逆 に 不安 に な る ん で す 。 こ ん な 簡 単 に 成功 し て い い の か ? と 。 だ か ら 僕 は 、満 足 出 来 な い の で す 。 」

 こ の 場 に 記 す の は お 恥 ず か し いで す が 、 私 の 口 癖 は 「 下 手 に な る 練習 も あ る ん だ か ら 」 「 や っ た 気 で いる な 」 ・ ・ ・ 。 今 後 も 努 力 の 工 夫 と高 い 向 上 心 を 促 し 、 子 供 た ち の 取り 組 む 姿 勢 を 大 切 に し て い け る よう な ク ラ ブ で あ り た い と 思 い ま す 。

 

 最 後 に な り ま す が 、 「 継 続 は 力 なり ! 」 と 「 進 化 こ そ 力 な り ! 」 そ して 「 技 術 の 向 上 に 終 わ り は な い ! 」こ の 3 つ を 今 年 の ス ロ ー ガ ン と し 、本 年 も 宜 し く お 願 い 致 し ま す 。

2013.8.31
会報 第3号.pdf
PDFファイル 196.8 KB

 情報化社会と育成年代 

 

志水麗権

 

F C M A T サ ッ カ ー ス ク ール を ス タ ー ト さ せ て か ら 一 年が 過 ぎ よ う と し て お り ま す が 、実 績 の 無 い ク ラ ブ に 、 毎 週 足を 運 ん で 頂 い て い る こ と に 心よ り 感 謝 申 し 上 げ ま す 。 日 々の 送 迎 や 汚 れ た ユ ニ フ ォ ー ム 、夜 遅 く に な る 食 事 な ど ・ ・ ・元 気 に 安 心 し て 活 動 で き る 背景 に は 御 家 庭 の 御 協 力 あ っ てこ そ と 思 い ま す 。 そ れ に 応 えら れ る の は 「 グ ラ ン ド で ある 」 と 常 時 自 ら に 言 い 聞 か せ 、ス ク ー ル の 向 上 に 努 め て 参 りま し た 。 今 後 も 現 状 に 満 足 する こ と な く 、日 々 の 練 習 に 全力 を 注 い で い き た い と 思 っ てお り ま す 。

 

 さ て 、 先 日 、 滋 賀 県 立 野 洲高 校 出 身 の 選 手 と サ ッ カ ー 談義 に 十 時 間 ほ ど 花 を 咲 か せ まし た ()野 洲 高 校 と は 、 全国 高 校 サ ッ カ ー 選 手 権 に 出 場た っ た 二 度 目 で 二 〇 〇 六 年 に全 国 優 勝 を 果 た し 「 セ ク シ ーフ ッ ト ボ ー ル 」 と 称 さ れ 、 例年 に 無 い 注 目 を 浴 び た チ ー ムで す 。

 地 元 に プ ロ ク ラ ブ が無 い こ と か ら 、 地 理 的 条 件 に恵 ま れ て い る こ と も な く 、 公立 高 校 の た め 、 金 銭 的 に 恵 まれ て い る 訳 で も あ り ま せ ん 。も ち ろ ん ス ポ ー ツ 推 薦 な ど で優 秀 な 人 材 を 集 め る こ と も 出来 ま せ ん 。 し か し 、 全 国 の 頂 点に 立 っ た 要 因 に は 、 指 導 者 の情 熱 に 支 え ら れ た こ と 、 そ の指 導 者 を 信 頼 し 、 子 供 を 託 し 、最 後 ま で 子 供 と 夢 を 求 め た 保護 者 の 存 在 、 指 導 者 に 全 幅 の信 頼 を 寄 せ た 選 手 達 が い ま した 。 選 手 を 金 銭 や 環 境 で 集 めて 強 化 し た チ ー ム を な ぎ 倒 し 、世 間 に 感 動 と サ ッ カ ー の 進 歩を 与 え ま し た 。 「 三 位 一 体 」 の言 葉 の 通 り 、 固 い 絆 と 信 頼 関係 の 太 さ は 、 以 前 か ら 私 も 賞賛 し て お り ま し た が 、 改 め て良 き 教 材 と 考 え て い き た い と思 い ま す 。

 

 彼 ら の 特 徴 は 、 テ ク ニ ッ クで 勝 負 す る サ ッ カ ー で あ り 、 創造 性 溢 れ る ア イ デ ア サ ッ カ ーと メ デ ィ ア で は 取 り 上 げ ら れ「 プ レ ー ヤ ー ズ フ ァ ー ス ト 」「 体 力 練 習 は し な い 」 「 指 導 者と の 距 離 が 短 い 」 ・ ・ ・ な ど現 代 に 見 合 う よ う な 簡 単 な言 葉 が 並 べ ら れ ま し た 。 しか し 、 実 際 は 、 長 き に 渡 る鍛 錬 の 積 み 重 ね と 共 に 厳 しい 叱 咤 激 励 を 受 け て い た 毎日 の よ う で す 。 彼 が 言 う には 、 「 メ デ ィ ア が 作 った ・ ・ ・ で す 。 創 造 性 や 楽し い サ ッ カ ー も 厳 し さ か ら出 て ま す 。 僕 ら み た い な 普通 の 人 間 に は B O S S が いな い と ダ メ な ん で す 。 」

 注 目 す べ き は 、 小 学 生 か ら高 校 生 ま で ほ と ん ど 同 じ メン バ ー で 切 磋 琢 磨 し て き たこ と で す 。 十 二 年 間 と い う一 環 指 導 を 可 能 に し た の は紛 れ も な く 、 前 述 の 所 以 と思 い ま す 。

 

 夏 休 み 前 か ら 取 り 入 れ 始め た 「 十 五 種 目 の ド リ ブル 」 で す が 、 最 大 の 焦 点 は全 身 運 動 で す 。 最 近 の 流 行で は 、 体 幹 ト レ ー ニ ン グ でし ょ う か 。 ボ ー ル を 扱 い なが ら 約 一 二 〇 メ ー ト ル を 全速 力 の 中 で 身 体 と ボ ー ル を急 転 換 ( フ ェ イ ン ト ) さ せ 、 バラ ン ス を 保 ち な が ら 進 ん でい く の が 特 徴 で す 。 合 計 十五 往 復 を こ な す こ と をウ ォ ー ミ ン グ ア ッ プ と し てい ま す 。 筋 肉 の 変 化 に は 一週 間 に 四 ~ 五 回 の 筋 肉 的 に強 度 の 高 い 運 動 を 三 ヶ 月 継続 す る こ と が 必 要 で す 。 練習 を 実 力 に 変 え る た め に は 、自 主 練 習 は 欠 か せ ま せ ん 。

 

 ま た 、 少 し で も 意 欲 が あ り 、都 合 が 合 う 選 手 は ス ク ー ルの 練 習 回 数 を 増 や し 、 確 実に 練 習 を 積 み 上 げ て 欲 しい と 願 い ま す 。現 在 、 週 に 複 数 回 登 録 の選 手 は 確 実 に 力 を つ け てお り 、 自 チ ー ム で も 「 良 いプ レ ー 」 や 「 プ レ ー の ひ たむ き さ 」 に 繋 が っ て い る よう で す 。 個 人 差 は あ り ま すが 、 練 習 回 数 と そ の 継 続 は 、成 長 の キ ー フ ァ ク タ ー とな っ て い る の は 間 違 い あり ま せ ん 。 「 人 間 は 変 わ れる ! 」 「 上 手 く な る こ と は負 け た く な い 」 と 信 じ 続 け 、諦 め な い 気 持 ち が 、 い つ か報 わ れ る 努 力 で あ る と 思い ま す 。

 

 今 後ク ラ ブ と し て は 、ジ ュ ニ ア ユ ー ス チ ー ム ( 中 学生 ) の 設 立 、 強 化 ス ク ー ル の開 始 、 ス ク ー ル 生 の 増 員 を目 標 に 掲 げ 、 子 供 達 が 快 くサ ッ カ ー に い そ し め る 環 境を 提 供 し て い け る よ う に努 め て い き ま す 。今 後 と も 保 護 者 の 皆 様に は 御 支 援 ・ 御 協 力 を お願 い 申 し あ げ ま す 。

2013.4.3
会報 第2号.pdf
PDFファイル 270.4 KB

 成長のサイクルとは 

 

志水遵権

 

日 頃 よ り 「 F C M A T 」 の活 動 に お い て 、 御 理 解 を 頂き 誠 に あ り が と う ご ざ い ます 。ス ク ー ル 開 催 か ら 約 半 年間 が 経 ち ま し た が 、 日 を 追う 毎 に 生 徒 の 人 数 が 増 え 、活 気 を 作 る こ と が で き ま した 。 こ れ も 皆 様 の 御 協 力 の賜 物 だ と 思 い ま す 。 こ の 場を お 借 り し 、 感 謝 申 し 上 げま す 。さ て 昨 冬 か ら 、 少 し ず つで は ご ざ い ま す が 、 各 所 属チ ー ム の 活 動 を 見 学 さ せ ても ら っ て い ま す 。「 練 習 試 合 練 習 」 の サ イク ル に よ り 、 レ ベ ル ア ッ プに 取 り 組 む と 効 率 が 良 い と言 わ れ ま す が 、 私 た ち は スクール活動のため 、どうしても「 試 合 」 が 抜 け て し ま いま す 。

 そ こ で チ ー ム の 活 躍を 拝 見 さ せ て 頂 き ス ク ー ルの 練 習 に も 活 か せ な い か と 考え て お り ま す 。 今 後 も 可 能 な限 り 足 を 運 ば せ て 頂 き 、 又 指導 者 間 で の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョン と い う 点 で も 意 志 疎 通 を 図ら せ て 頂 け た ら と 思 っ て お りま す の で 、 宜 し く お 願 い 致 しま す 。私 自 身 、 日 々 勉 強 と 気 持 ちを 戒 め 、 情 熱 に 溢 れ る サ ッカ ー ス ク ー ル に し て い け る よう 、 臨 ん で い き た い と 思 い ます 。

 

 

志水麗権

 

寒 い 冬 の ト レ ー ニ ン グ が あ っと い う 間 に 終 わ り 、 い よ い よ「 出 会 い の 春 」 が 始 ま り ま す 。新 た な 環 境 、 新 た な 仲 間 ・ ・ ・「 新 た な 目 標 と の 出 会 い 」 が 実り の 一 年 に は 貴 重 な 財 産 と なる は ず で す 。『 F C M A T 』 の 目 標 と 致し ま し て は 『 J Y ク ラ ス 』 の活 動 を ス タ ー ト さ せ 、 基 盤作 り と 発 展 を 目 指 し て い くこ と 、 そ し て ク ラ ブ 全 体 の活 性 化 と レ ベ ル ア ッ プ を図 っ て い け る よ う 、 全 力 を尽 く し て い き た い と 思 っ てお り ま す 。

 

 練 習 内 容 に 関 し て で す が 、気 温 の 暑 さ が 増 す に つ れ て 、体 を 走 ら せ る こ と だ け で なく 、 ボ ー ル を 走 ら せ る こ とを 取 り 入 れ て い く 予 定 で す 。よ り 正 確 な テ ク ニ ッ ク を 必要 と す る た め 、 失 敗 の 回 数に 比 例 し て 子 供 が ス ト レ スを 感 じ る こ と が 増 え て い くか も し れ ま せ ん 。 も ち ろ ん「 心 」 の 強 さ で 乗 り 越 え て もら い た い と 考 え ま す が 、 精神 的 な サ ポ ー ト を 御 家 庭 から も 御 協 力 頂 け た ら と 思 いま す 。

 私 は ク ラ ブ や 子 供 た ち の向 上 の た め に 、 そ れ ぞ れ の過 去 を 振 り 返 る こ と が よ くあ り ま す 。『 練 習 か ら 本 気 』 と 称 し てお り ま す が 、 子 供 た ち の 「 取り 組 む 姿 勢 ( 向 上 心 ) 」 が 少し ず つ 動 い て い る こ と を 実感 し て お り ま す 。指 導 ス タ ッ フ と 選 手 一 同が 一 致 団 結 し 、 日 々 の 努 力を 年 間 を 通 し て 継 続 し てい け る よ う 、 頑 張 り た いと 思 い ま す 。

2012.12.18
会報 第1号.pdf
PDFファイル 317.7 KB

 FCMATがスタートして

 

志水遵権

 

 ク ラ ブ を 設 立 し 、 現 実 に沢 山 の 人 が 集 ま り 、 親 御 さ んは も ち ろ ん 、 各 チ ー ム の 選 手と そ の 大 切 な 時 間 を お 預 か りし て い る 事 を 、 本 当 に 嬉 し く思 っ て い ま す 。で す が 、 正 直 な と こ ろ 、 嬉し い 気 持 ち と 反 面 、 不 安 な 気持 ち が 常 に あ り ま す 。 「 今 日 は選 手 た ち に 良 い サ ッ カ ー を 伝え ら れ る か 、 明 日 も 選 手 た ちは 本 気 で サ ッ カ ー を や っ て くれ る か 。 」 そ ん な 気 持 ち で 毎 日の 練 習 に 臨 ん で い ま す 。こ れ は 選 手 た ち も 同 じ で はな い で し ょ う か 。 「 今 日 、 俺 は良 い プ レ ー を で き る か 、 明 日も 勝 負 に 勝 て る か 。 」 そ ん な 楽し み と 不 安 が 同 居 し た 心 が 、サ ッ カ ー 選 手 と し て も 人 と して も 、 成 長 さ せ て く れ る と 信じ て い ま す 。

 さ ら に 、 忘 れ ては い け な い 、向 上 心 。 楽 し さ で 満 ち た 心 ・不 安 に 押 し 潰 さ れ そ う な 心 、こ の 時 、 大 切 な の は 傍 ら に 向上 心 が あ る 事 。 む し ろ 逆 に 、 楽し さ と 不 安 は 傍 ら に 置 い て おき 、 向 上 心 ・ 勝 負 心 で 気 持 ちを い っ ぱ い に す る 事 が 大 き な成 長 に 繋 が る と 思 い ま す 。歴 史 も な く 、 ま だ ま だ 到 らな い 部 分 ば か り の ク ラ ブ ・ スタ ッ フ で す が 、 ど う か 今 後 とも 、 宜 し く お 願 い 致 し ま す 。

 

 

志水麗権 

 

ス ク ー ル 開 催 か ら 、 4 ヶ 月 が経 ち ま し た が 、 ま ず 言 っ て お きた い こ と が あ り ま す 。「 あ り が と う 。 」実 績 も 何も な い こ の ク ラ ブ に 足 を 運 んで く れ た こ と を 感 謝 し て お りま す 。 こ こ ま で は 、 お 互 い が 特徴 を 掴 み 合 う よ う な 時 間 にな っ て い た の で は な い で し ょう か 。 こ れ か ら が 成 長 へ の 勝負 で す !伸 び 伸 び と レ ベ ル ア ッ プを 図 る に は 、 「 自 信 」 を 持 って サ ッ カ ー が 楽 し め る よ うに す る こ と が 大 切 で す 。 ここ で い う 「 自 信 」 と は 、 「 自 分を 信 じ る 」 で は あ り ま せ ん 。「 自 分 を 信 じ て も ら う 」 で す 。皆 も そ う だ と 思 い ま す が 、知 ら な い 人 は 信 用 し ま せ ん 。よ く 知 っ て い る 人 は 信 用 しま す 。 で は 、 サ ッ カ ー で 知 って も ら う に は ? そ の 「 ? 」は 、 そ れ ぞ れ 違 っ て い い と思 い ま す 。ミ ス し た と き に 、 一 生 懸命 に 練 習 し て い な け れ ば 、文 句 が 出 ま す 。 同 じ こ と が起 き た と き に 、 「 ア イ ツ な らし ょ う が な い か 」 と 許 し ても ら え る 人 は 、 一 生 懸 命 を仲 間 に 認 め て も ら え て い る証 拠 で す 。「 自 信 」 =「 努 力 」そ し て 目 指 す べ き ゴ ー ル へ 。「 夢 は 叶 え る も の ! 」 だ と 自ら に 訴 え 、 向 上 心 を 持 ち 続け て 下 さ い 。聞 く は 一 時 の 恥 で あ る 。助 け が 必 要 な と き は 、 い つで も 助 け ま す 。共 に 頑 張 ろ う !